デリケートゾーン 黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみと臭いの原因と対策方法について詳しく解説しています。
MENU

デリケートゾーンの黒ずみと臭い

 

私は、デリケートゾーンの黒ずみと臭いが気になっていました。ちゃんと洗っているつもりでも、もしかするとちゃんと洗えていないのかもしれないと思って、抗菌の強い石鹸や手洗いハンドソープでごしごしを洗っていました。

 

それでも、その時は肌がヒリヒリするくらいですっきりするのですが、次の日にはやはり臭いが気になります。デリケートゾーンの黒ずみも一向に良くなる感じはなくて、もしかするといいやり方があるのかもしれないと思いいろいろ調べてみました。

 

人には恥ずかしくて聞けなかったです。

 

▽デリケートゾーンの黒ずみの原因

・もしも妊娠や出産をしていなのであれば、それは、肌に下着が当たったり、締め付けられることによる、摩擦や刺激が、いけないということでした。

 

肌は、下着のゴムが当たることで、外部から攻撃を受けていると、勘違いすることで、肌を守ろうとメラニンの生成を活発にします。そのことで、肌が赤くなっていき、黒ずんでくるのです。刺激や摩擦が原因でした。

 

・妊娠中は、母体が体を守るために、デリケートゾーン以外の部位も黒ずんできます。これは妊娠中特別なことなので、出産を終えると、だんだん薄くなってきます。

 

しかし、デリケートゾーンは出産でもかなりダメージを受けるので、薄くなるのは大変ゆっくりということでした。

 

・30代を超えると肌のターンオーバーの周期が28周期からだんだん遅れてくるようになってきます。50代を過ぎれば、2から3週間は遅くなります。そのため、肌の黒ずみはだんだんこくなってくるということでした。

 

▽デリケートゾーンの黒ずみと臭いへの対策法

次に、私が見つけた対策法です。びっくりすることに私が良かれと思っていていたことは、黒ずみを臭いを助長させていたのでした。だから全然よくならなかったんだと思いました。

 

・デリケートゾーンの黒ずみへの対策

刺激と摩擦を極力起こさないように下着選びを注意しなければいけません。今は、縫い目がない下着や、肌への摩擦や刺激がない下着もたくさん売り出されています。それを使うようにしました。

 

・デリケートゾーンの臭いの対策
デリケートゾーンを洗うときは、ごしごし洗うのではなく優しく洗うようにしました。ごしごし洗うことで、デリケートゾーンの皮膚はかなり薄くダメージを受けやすいそうです。ごしごし洗っては、肌を傷つけて黒ずみの原因にもなるということでした。

 

また、ぬるま湯で洗い流す程度でいいそうです。今まで粗目のタオルに石鹸をつけてゴシゴシ力任せに洗っていたのは間違えでした。でも、石鹸はつけたかったので、弱酸性の肌に優しい石鹸を使うようになりました。

 

泡立てネットでしっかり泡だててから洗いました。そして洗い流すときも、石鹸が残らないようにしっかり洗い流します。

 

▽まとめ

肌は、刺激と摩擦があるとトラブルが起こることをしりました。これからは優しく肌をいたわりたいです。

このページの先頭へ